ノートの値引き情報!人気のグレードや色は?実燃費までご紹介

2020年にフルモデルチェンジを果たした4代目ノートは、パワートレインを第2世代e-POWERのみに絞り、更なる進化を遂げました。

新設計プラットフォームを採用し、先進的なデザインと大幅に質感をアップさせたエクステリアなど、コンパクト市場に新たに挑戦する日産の意気込みが感じられます。そして、ノートe-POWERは新生ロゴを装着して発売される国内最初のモデルとなります。

ノートe-POWERの新車値引き額はズバリ?

日産が満を持して投入してきたモデルだけに、大幅な値引は難しい車種です。平均的な車両本体の値引き額は10万円前後となり、もともと低価格で販売しているためディーラー側のガードが固いことがうかがえます。

しかし、このセグメントはライバルが多く競合車種さえ間違えなければ、かなりの値引きが期待できます。日産オリジナルナビ取付パッケージ(223,000円)やフロントバンパーフィニシャー、サイドシルフィニッシャー、リヤバンパーフィニッシャーが3点セットになったエクステリアパッケージ(148,180 円)などをつけたいところ。オプションも含めると20~25万円は引き出したいですね。

ノートe-POWERの競合車種といえば

ノートのライバル車は、まずホンダのフィットハイブリッド、次にトヨタのアクア、そしてマツダ2のデーゼルが挙げられるでしょう。

いずれもコンパクトで燃費性能を誇ります。走りや装備もそれぞれ特徴があり、購買者の選択肢が広がっています。これらの車種も検討していると話せばディーラーも頑張らざるを得ないですね。

※競合車種の詳細は以下で追記しています。最後までご覧ください。

経営法人が変わるディーラーでの対決も

ライバル車が心許ない、また特に競合らしい競合がない場合には、違う法人のディーラー同士で競わせるのもあり。

トヨタなら全店で同じ車種を取り扱っているので、トヨタ店とネッツ店での比較、またカローラ店とトヨペット店など、同じ車種を違うディーラーで競合比較するのです。

また他のメーカーであれば、東京と埼玉など、隣県のディーラーで競合させたりするのも1つの有効な手段。違う法人同士での競合も、戦略として覚えておくといいでしょう。

そして値引きをうまく引き出すには、とにかく難しいことは考えなくて大丈夫。以下のポイントを注意して交渉するようにしましょう。

自分から値引き金額を言わない

せっかく情報収集した値引き金額を、あっさり営業マンに言ってしまう人がいます。面倒な交渉をしたくないというお気持ちはわかるのですが、ちょっとそこは慎重に考えたいところです。

だいたいどんな車種でも、平均的な値引きの金額は、新車価格から10~15%前後と言われていて、300万円のクルマであれば、30万円から40万円が一般的な値引き額です。

そして、その希望した値引き額が「難しい金額」なら、一瞬で嫌悪感を持たれてしまいますし、その逆に「値引きできる金額」であれば、本来もっとあったはずの値引きが少なくなって、大損してしまうことにもなりかねません。

営業マンは値段交渉よりもしっかりとした商品説明をしたいので、面倒かもしれませんが、じっくりと商品説明を聞いてあげた後に値段交渉に入るようにしましょう。

同一クラスの車種と比較

例として、ホンダのフィットならトヨタでいえばヤリス。日産のセレナであればトヨタのノアやヴォクシーのように、必ずどのメーカーも同一クラスの車種が存在します。

「向こうのクルマもいいけど、こっちのクルマもいいね。自分はどっちでもいいんだけどなぁ…」

などということで、最後は

値引きで戦うしかなくなってしまう

ように仕向けていくのです。事実、営業マンはこうした話のやり取りのシミュレーションを勉強させられます。役者になって、うまくそこを突くようにすると、値引き額はグッとアップするのは間違いありません。

架空の人物の存在を匂わす

自分に決定権がないように演じるのも有効な手。

あと一歩の値引きを引き出すために、若い方や女性の方であれば親御さん、男性であれば奥様の存在を匂わせてみましょう。

「私はこの値段でもいいのですが、父(妻など)がもう少しなんとかならんかと言っています」

と、ヒトコト入れるだけで、最後のひと押しに役立ちますね。

下取りでチョロまかされるな

値引きをマックスまで引き上げることができたのなら、最後は下取り車両の値上げ交渉。

” 値引きと下取り合算でこれだけ… ”

の甘い言葉には騙されてはいけません。

  • 値引き額は値引き額として
  • 下取り額は下取り額として

きちんと算出してもらうことが大切です。

その上で提示された下取り額を、ディーラーだけでなく、他の買取店などと比較するようにしましょう。

せっかく頑張って値引き交渉しても、下取りをポイッとディーラーへ投げてしまうのはかなりの愚行です。

こんなデータがあります。

車種名 ディーラー価格 買取店価格

フィット

67万円 102万円

アルファード

245万円 290万円

プリウス

75万円 95万円

ハイエース

140万円 180万円

オデッセイ

70万円 82万円

ディーラーと買取店の査定額の差。

たいていの車種において、買取店の査定額が上回っているのがわかります。

それは、未だに減価償却方式で査定しているディーラーと、市場の需要によって査定額を決めている買取店の金額の違い。もちろん、稀にディーラーの方がいい値段をつけることもありますが、

事前に愛車の価格を調べておくと強い

ですよね。なので、まずはこちらで下取りするお車の価格を調べておくと良いでしょう。

引用:https://carservice.rakuten.co.jp/

もちろん「納得しなければ売る必要はない」ので、事前準備のつもりで入力してみましょう。

お客様の愛車の概算価格は…
780,000~880,000

こうしてわかるとかなり便利ですよね? この価格を見てからディーラーに下取金額のアップを迫る。するとディーラーも頑張らざるを得ませんよね。

結果的にこうなると嬉しくないですか?

\価値を調べてみるなら/
車の価値を調べてみる

ノートe-POWERの人気グレードは?

一般向けでの利用なら「X」一択となるでしょう。

ノートには「F」「S」「X」の3種類のグレードしかなく、その中で4WDの設定は「S FOUR」「X FOUR」2種のみと非常にシンプルなグレード構成になっています。位置づけとしては「F」は燃費向上のため装備を必要最低限にとどめた、いわゆる「燃費性能に極振り」したモデルです。「S」も簡素な装備になっており実質、法人向けといった方がいいでしょう。

消去法として残るのは「X」ですが、特筆すべきは次世代の自動車のスタンダードになりつつある、先進機能の日産コネクトナビ、プロパイロット、SOSコールは「X」にしかオプション設定されていないことです。

最終的に質感が格段にアップしたノートe-POWERは、価格の高い電気自動車「リーフ」よりも良いと評価が高く、日産の技術力と開発陣の意気込みが感じられる仕上がりとなりました。

ノートe-POWERの人気の色は?

ノートのボディカラーはモノトーン11色+2トーン3色の合計14色から選択可能で、かなり悩ましいラインナップとなっています。中には個性的なカラーもあり「好みの色がない」ということはまずないでしょう。

人気色トップ3は定番の白(ピュアホワイトパール)が1位、安定の黒が2位(スーパーブラック)そして、カタログやメディアでも前面にプッシュされている、ツートンカラーの青(ビビッドブルー / スーパーブラック )が第3位となっています。そのほかにシルバー系やグレー系などの落ち着いた色が続きます。

しかし、もう一方で、プレミアムホライズンオレンジやバーガンディーなど、人目を引く個性的なカラーも少なからず人気があります。とはいっても好きな色を選ぶのが一番ですが、後々のリセールを考えると、ホワイト系を選択するのが賢明でしょう。

現在の納期はどれくらい?

現在の納期は1~3ヶ月ほど。

注文書にサインして契約が完了してから手もとに届くまで、それくらいの期間をみておく必要があります。

下取り車があるようであれば、その間は気をつけて乗らないと、傷が増えたり走行距離が増えると減額されてしまうことになりますね。

2

リセールはどれくらい期待ができる?

相場はその時々の状況によりけりなので、あくまで具体的な金額の明言は避けますが、ノートは人気の車種ですが、流通台数が多いこともあって低グレードほど買取価格が低い傾向にあります。人気グレードの「X」を基準と考えると、3年乗って47%前後の価値はあると思われます。

もちろん、相場というものはその時々の状況によって変わります。また車の程度によっても変動するため確定するものではありませんが、人気のグレードや装備があればなおさら高値となり、購入しても間違いのない車であると言えるでしょう。

ノートe-POWERの燃費

カタログに記載されているノート e-POWERの燃費ですが、WLTCモードで28.4km/Lと優秀ですが、これはあくまで限られた条件の中で測定された値なので、状況によって変化することは言うまでもありません。実燃費のデータが出てきていますが、渋滞を含む街中の燃費で16-18km/L、流れの良い郊外路で19-21km/L、高速道路で23-25kmL/といったところが実際の燃費に近いようです。平均するとノート e-POWERの平均実燃費は20-21km/Lに落ち着くようです。

具体的なライバル車種は

上記でかんたんにしか説明できなかったライバル車を説明しておきます。気になる車種があれば、その先の値引き情報をご覧になりつつ、値引き額を比較してみましょう。

フィット e:HEV

ホンダのコンパクトカーの代名詞といえるフィットは2020年のフルモデルチェンジで4代目となり、大幅な改良が加えられました。

原点回帰のもとフロントデザインはシンプルかつ実用的なものに変わり、フロントピラーを極細にすることで、視界の爽快感を実現しました。もはやフィットではおなじみのセンタータンクレイアウトで同クラスで最大の居住空間を誇り、大人が乗っても窮屈さを感じさせないのも大きな魅力。

また、新開発のハイブリッドシステム、e:HEVは日常の走行のほとんどをモーター走行を中心としたパワフルかつ静かな走りに。走行シーンに合わせて3つのモードを切り替え、高効率な走りを実現しました。女性受けするデザインと高次元にまとまった車両性能はノートにとって最大のライバルといえるでしょう。

フィットe:HEVの値引き詳細はこちら

マツダ MAZDA2

2019年7月、デミオがマイナーチェンジと共に、グローバルネーム「マツダ2」に生まれ変わりました。

1990年代半ばからマツダを代表するコンパクトカーとして、その実用性の高さで広く支持されてきたデミオ。そのデミオの使い勝手をそのままに、外観はフロントグリルやヘッドランプなどがグローバルデザインに一新され、乗り心地や静粛性がかなり向上しました。

特にディーゼルは、Bセグメントではトップクラスの性能を誇っており、日本を代表するコンパクトカーになったと言っても過言ではありません。

→MAZDA2の値引き詳細はこちら

トヨタ アクア

アクアは2011年に登場し、以来コンパクトなエコカーを代表する車として幅広い年代層から支持されています。ハイブリッドカーとしてはリーズナブルな価格であり、優れた燃費性能を誇ります。

すでに2度マイナーチェンジされており、2021年秋にはフルモデルチェンジが予定されています。しかし今でも多くのアクアが街を走っていて、まさに5ナンバーハイブリッドの代表車種といったところでしょう。

アクアの値引き詳細はこちら

※文中の画像引用は日産公式サイトより行いました