キックスの値引き目標額は?人気の色やグレードは?実燃費もご紹介

キックスは日産初となるe-POWER専用のコンパクトSUV。

e-POWERとは日産が開発した新しいハイブリッドのかたち。トヨタのハイブリッドは「シリーズ・パラレル」という方式で、モータとエンジンそれぞれの得意な領域をバランス良く使って走行するシステムになります。

一方のe-POWERは、基本的にモーターのみで走行します。「それってEVじゃないの?」と思われるかもしれませんが、EVが充電スタンドでバッテリーを充電するのに対して、e-POWERはエンジンの力で充電をします。なのでごく普通のガソリンスタンドでガソリンを入れさえすれば、電気自動車のようにフルモーター走行が出来るというわけです。

キックスはかつて日本市場でも人気を集めた日産ジュークの後継にあたる車両で、e-POWERを採用した初のコンパクトSUVとなりました。都市的かつヤンチャな外観や、シンプルで洗練された内装はジュークの血統を色濃く残しています。

走行性能としてはe-POWERの搭載により、先代ジュークから劇的な進化を遂げました。全速度域でのモーター走行が実現され、スムーズで非常に静粛性の高い走りが可能になりました。

キックスはまさに「限りなくEVに近いSUV」と言えるでしょう。

キックスの新車値引き額はどれくらい?

キックスの値引きは10万円程度を目標に。

日産の技術をふんだんに盛り込んだ新型車だけに、値引きもまだまだ渋いです。車両本体からの値引きは、あっても5万円程でしょう。ならばオプション値引きを!と言いたいところですが、キックスは最低グレードでもかなり完成された車であり、付けるべきオプションも少ないというのが実情。

大きな値引きは期待できませんが競合車の多い市場なので、他メーカーと競わせたり、販売店の決算期を狙うなど、地味ではありますが確実な交渉術で最大限の値引きを引き出しましょう。

キックスの競合車種といえば

ホンダのヴェゼルハイブリッド、トヨタのC-HRハイブリッドやヤリスクロスハイブリッド、マツダCX-30などが競合車です。

コンパクトSUVは非常に人気の高い市場で、各社から様々な車両が販売されています。その中でもこれらの車はいずれもハイブリッドやディーゼルエンジンなどを搭載した低燃費が売りのモデルであることから有力な競合車となるでしょう。

価格面ではキックスが少々高額の設定ですが、「e-POWER」や「プロパイロット」といった日産が誇る先進機能はやはり魅力的です。他メーカーと競合する際には比較的値引きの大きいヴェゼルやC-HRを引き合いに出すのが有効です。また、ワンランク上のトヨタハリアーなども値引きを含めれば同価格帯になるので競合させることは可能でしょう。

経営法人が変わるディーラーでの対決も


ライバル車が心許ない、また特に競合らしい競合がない場合には、違う法人のディーラー同士で競わせるのもあり。

トヨタなら全店で同じ車種を取り扱っているので、トヨタ店とネッツ店での比較、またカローラ店とトヨペット店など、同じ車種を違うディーラーで競合比較するのです。

また他のメーカーであれば、東京と埼玉など、隣県のディーラーで競合させたりするのも1つの有効な手段。違う法人同士での競合も、戦略として覚えておくといいでしょう。

共通コンテンツ1

キックスの人気グレードは?

キックスにはXとXツートーンインテリアエディションの2グレードしか設定がありません。そのためグレード選びにはさほど苦労しないでしょう。

それぞれの違いは内装にあります。Xがブラック1色の落ち着いた内装であるのに対し、Xツートーンインテリアエディションではその名の通り、内装をブラック×オレンジの2色で仕立ててあり、よりアクティブな印象です。

他にはステアリングヒーターや前席シートヒーター、寒冷地仕様が標準装備になっていますが、これらの装備はXにもオプションで付けることができます。それ以外もグレードによる差は無いので、内装の好みでグレードを選択するといったかたちになりますね。

販売台数は半々といったところなので、どちらが人気とは言えない状況。そのためリセールもさほど変わらないでしょう。

キックスの人気の色ってどの色?

キックスはカラーラインナップが多く、2トーン仕様も含め全13色ものバリエーションがあります。その中でも人気なのが、ブリリアントホワイトパールとピュアブラックです。他の車両にも言えることですが、白と黒は必ず人気上位に入ります。キックスも例にもれず白と黒の2強となっています。

白はキックスの精悍な顔つきをよりスマートに見せてくれますし、黒はキックスの持つ高級感を引き立ててくれます。無難な色ではありますが、どちらもキックスには良く似合います。この2色はリセールも文句なしに高いので、迷った際にはどちらかを選ぶと良いでしょう。

個性的なところでいくと、プレミアムホライズンオレンジ(2トーン含む)も人気の上位にいます。Xツートーンインテリアエディションでは内装がブラックとオレンジの2色になるので、それに合わせて外装もオレンジを選ぶといったケースが多いのでしょう。

少々奇抜なカラーではありますが、CMにも起用されているようにキックスのイメージカラーになっていますので、リセールもそこまで悪くはならないでしょう。好きな方にはおすすめできるカラーです。

現在の納期はどれくらい?


現在の納期は2~3ヶ月ほど。

注文書にサインして契約が完了してから手もとに届くまで、それくらいの期間をみておく必要があります。

下取り車があるようであれば、その間は気をつけて乗らないと、傷が増えたり走行距離が増えると減額されてしまうことになりますね。

共通コンテンツ2

リセールはどれくらい期待ができる?


相場はその時々の状況によりけりなので、あくまで具体的な金額の明言は避けますが、キックスは5年乗っても50%以上の価値はあると思われます。

もちろん、相場というものはその時々の状況によって変わります。また車の程度によっても変動するため確定するものではありませんが、人気のグレードや装備があればなおさら高値となり、購入しても間違いのない車であると言えるでしょう。

キックスのカタログ燃費と実燃費の差

カタログ値では、WLTCモードで21.6km/lとなっています。ホンダのヴェゼルハイブリッドが21.0km/lなので、このクラスのSUVのなかでは1、2位を争う燃費性能だと言えます。

実際のキックスオーナーたちの実燃費を見てみると、19km/l前後とかなり良い数字を叩き出しています。

しかし、ここで注意したいのがe-POWER車の特性です。

e-POWER車両には「ワンペダルドライブ」といって、発進から停止までをアクセルペダルのみで完結できるシステムが備わっており、アクセルペダルを離した減速時のみバッテリーへの回生が行われる仕組みになっています。つまり、同じ「減速」でもブレーキを踏んでしまうと回生が解除されてしまうのです。このワンペダルドライブの操作には慣れが必要になるため、購入直後は燃費が伸び悩む傾向にあるようです。また、モーターは高速回転域を苦手とするため、高速道路を頻に走る場合にも燃費は低下するでしょう。

燃費を期待する方はこのような特性を理解したうえで、他の車両と比較検討することをおすすめします。

キックスの競合ライバル車種は

キックスの値引き交渉における競合車種はこちら。参考にしてください。

※文中の画像引用は日産公式サイトから行いました