フォレスターの値引き額目標!実燃費や人気のグレードや色は?

フォレスターはスバルのクロスオーバーSUVです。悪路走行能力が高く、アウトドアやキャンプ好きの間で人気を得ています。

2000ccのハイブリッドと1800ccのターボエンジンから選べて、全て常時全輪駆動のAWDです。

現行モデルは2018年にSK系として、5代目となりました。

フォレスターの新車値引き額はどれくらい?

値引きは車両本体から25万円、オプションから35万円の合計60万円を目標としたいところ。

オプション無しでは値引き交渉も強気に出られないので、大型サンルーフやパワーリアゲート、アイサイトセイフティプラスをつけて目標値まで頑張りたいところです。

フォレスターの競合車種といえば

競合車はトヨタのRAV4、日産のエクストレイル、ホンダのCR-Vが挙げられます。同じような価格帯のグレードを選んで、高い値引き額を勝ち取りましょう。

経営法人が変わるディーラーでの対決も


ライバル車が心許ない、また特に競合らしい競合がない場合には、違う法人のディーラー同士で競わせるのもあり。

トヨタなら全店で同じ車種を取り扱っているので、トヨタ店とネッツ店での比較、またカローラ店とトヨペット店など、同じ車種を違うディーラーで競合比較するのです。

また他のメーカーであれば、東京と埼玉など、隣県のディーラーで競合させたりするのも1つの有効な手段。違う法人同士での競合も、戦略として覚えておくといいでしょう。

共通コンテンツ1

フォレスターの人気グレードは?

人気グレードは、ハイブリッドのツーリング。

一番価格の低いグレードですが、全車速追従式のクルーズコントロール、サイドビューモニター、LEDヘッドライトなどを標準装備しています。パワーシートやアイサイトセイフティプラスが必要な場合はオプションで追加するといいでしょう。

フォレスターの人気の色ってどの色?

人気カラーは白、黒、グレー。

白は特別塗装色のクリスタルホワイト・パール(K1X)。黒はクリスタルブラック・シリカ(D4S)、グレーはマグネタイトグレー・メタリック(P8Y)です。

明るい青紫色のホライゾンブルー・パール(SAZ)、オリーブ色のジャスパーグリーン・メタリック(SBC)はあまり見かけない色味です。

現在の納期はどれくらい?


現在の納期は2~3ヶ月ほど。

注文書にサインして契約が完了してから手もとに届くまで、それくらいの期間をみておく必要があります。

下取り車があるようであれば、その間は気をつけて乗らないと、傷が増えたり走行距離が増えると減額されてしまうことになりますね。

共通コンテンツ2

リセールはどれくらい期待ができる?


相場はその時々の状況によりけりなので、あくまで具体的な金額の明言は避けますが、フォレスターは人気の車種ということもあって、5年乗っても58%以上の価値はあると思われます。

もちろん、相場というものはその時々の状況によって変わります。また車の程度によっても変動するため確定するものではありませんが、人気のグレードや装備があればなおさら高値となり、購入しても間違いのない車であると言えるでしょう。

フォレスターのカタログ燃費と実燃費の差

カタログ上では、ハイブリッドが14.0km/l、ターボエンジンが13.6km/l。WLTCモードの結果なので市街地、郊外、高速を走った時も含まれています。

実際のところは街乗りで、ハイブリッドが12kml/、ターボエンジンが10km/l前後という報告があります。運転の仕方や道路状況によっても変わりますので参考程度にしておくと良いでしょう。

フォレスターの競合ライバル車種は

フォレスターの値引き交渉における競合車種はこちら。参考にしてください。

トヨタ RAV4

RAV4はトヨタが手掛ける乗用タイプSUVの先駆けとなった車。

1994年、まだ乗用車をベースとしたSUVが存在しなかった時代に、初代RAV4は誕生しました。当時SUVと言えば、ランドクルーザーやパジェロといった本格的クロカンSUVが一般的でした。そんな中登場したRAV4は、コンパクトな車体に大径タイヤ、高い車高や背面タイヤといった今までにないスタイルが注目を集め、人気を博しました。

ヴァンガードの登場により4代目は国内販売が見送られましたが、5代目の現行モデルより国内販売が再開。張り出しの強いグリルにつり目のヘッドライトなど、以前のトゲのない曲線的なデザインから一変し、力強いイメージへと変貌を遂げました。

機能面はというと、前後輪のトルク配分を自動で最適なものに切り替える「ダイナミックトルクコントロールAWD」グレードによっては更に後ろの左右輪を独立で制御する「ダイナミックトルクベクタリング4WD」が備わるなど、走行性能の高さは初代からしっかりと受け継がれています。

安全面に関しても予防安全装置である「トヨタセーフティーセンス」が全モデルで標準装備となっているので、まさに「オンからオフまで」どんな場面でもオールマイティーにこなしてくれる車です。

RAV4の値引き詳細はこちら

日産 エクストレイル

エクストレイルは日産から販売されている、ミドルサイズのSUVです。

キャッチコピーは「最先端を、相棒に」。

2013年12月に現行モデルである3代目のT32型が発表され、一部改良を重ねてきた中、2020年10月に一部仕様向上が発表されました。この改良によって、外装の色や内装の質感が向上され、より洗練されたイメージとなりました。主な改良点として、内装は運転席と助手席にパワーシートを標準装備。さらにエクストロニック マニュアルモード付 CVTを全車標準装備したことで快適さだけでなく、山道などを走行する際の操作性も向上させました。

外装のフロントグリル、フロント・リアバンパー下部、ドアロアモール、バックドアフィニッシャーは、ダーククローム仕上げに。アウトドアハンドルは車体と同色へ、アルミホイールは全車ダークカラーになりました。これらの変更によって、外観は落ち着いた上品な仕上がりとなっています。また、特別仕様車のエクストリーマーX、カスタマイズカーのオーテックにも一部改良が加えられました。

エクストレイルの詳細はこちら

ホンダ CR-V

CR-Vは乗用タイプSUVの先駆けとなったホンダのミドルクラスSUVです。

初代CR-Vが発売されたのは1995年。SUVと言えば、トヨタランドクルーザーなどをはじめとする本格クロカンSUVが主流の時代でした。

そんな中、CR-VはSUVとしての走破性を持ちながら、セダンのような乗り心地とワゴンのような機能性を持ち合わせた、当時としては画期的な車として注目を集めました。

そのコンセプトは海外でも受け入れられ、世界中で販売される車となりました。
5代目になった現行モデルはそんな海外市場で鍛え上げられた、しなやかで上質な乗り心地や、電子制御AWDによる高い悪路走破性が特徴です。

また、新たに3列シートの設定を設けるなど幅広い層への訴求効果を高めています。

さらに予防安全装置である「ホンダセンシング」を全グレード標準装備するなど、初代からのキーコンセプトを守りながらも、すべての面でブラッシュアップが図られた成熟モデルと言えます。

CR-Vの値引き詳細はこちら

※文中の画像引用はSUBARU公式サイトから行いました