アルファードタイプゴールドの値引き情報!人気のグレードや色は?実燃費までご紹介

アルファードタイプゴールドはトヨタアルファードの特別仕様車。

アルファードは言わずと知れたトヨタ随一のラグジュアリーミニバンであり、ファミリーから法人まで、幅広い層に根強い人気を誇るロングセラーモデルです。

そんな様々なシーンで活躍する車であるがゆえ、グレード構成も多岐にわたります。ベースグレードと最上位グレードの価格差はなんと350万円以上。

1台の車でこれほどまでの価格差があるのも珍しいですね。アルファードの多様性がうかがえます。
そして特別仕様であるタイプゴールドとはどんな仕様かというと、ひとことで言えば、コスパの高いお買い得なグレードです。

内容としては、エントリーモデルであるSグレードに人気の高いオプション装備を予めつけてしまおう、ついでに内外装もゴールドやブラックを基調にした専用のものにしちゃおう!といった感じ。

歴代のアルファードでも設定されていた仕様であり、アルファードの中でも特に人気の高いモデルとなっています。

アルファードタイプゴールドの新車値引き額はどれくらい?

アルファードタイプゴールドの値引きは、50~60万円を目標に。

アルファードはグレードによる価格差が大きいですが、下位グレードでも50万円ほどの値引き実例が多数あるので、タイプゴールドでも50万円以上、できれば60万円ほどを目指しましょう。

兄弟車であるヴェルファイアや他メーカーのラグジュアリーミニバンと競合させた後は、トヨタ同士の競合に持ち込みましょう。

現在トヨタではすべての販売店で、トヨタ全車種を取り扱っているので、トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店、複数のトヨタのディーラーで競合が可能です。

特に決算期やボーナス商戦の時期は、各社販売台数を稼ぎたいタイミングなので、ここに合わせられれば限界値引きが引き出せるかもしれません。

アルファードタイプゴールドの競合車種といえば

トヨタヴェルファイア、日産エルグランド、ホンダオデッセイなどが競合車です。

他メーカーでも高級路線のミニバンは存在しますが、実際のところその人気はトヨタの一人勝ち状態。
そんな中で最も有力なのが、同じトヨタの兄弟車であるヴェルファイアです。

複数の異資本のトヨタディーラーでアルファードとヴェルファイアを上手く競合させることが、アルファードの限界値引きを引き出す王道であり、近道です。

経営法人が変わるディーラーでの対決も


ライバル車が心許ない、また特に競合らしい競合がない場合には、違う法人のディーラー同士で競わせるのもあり。

トヨタなら全店で同じ車種を取り扱っているので、トヨタ店とネッツ店での比較、またカローラ店とトヨペット店など、同じ車種を違うディーラーで競合比較するのです。

また他のメーカーであれば、東京と埼玉など、隣県のディーラーで競合させたりするのも1つの有効な手段。違う法人同士での競合も、戦略として覚えておくといいでしょう。

そして値引きをうまく引き出すには、とにかく難しいことは考えなくて大丈夫。以下のポイントを注意して交渉するようにしましょう。

自分から値引き金額を言わない

せっかく情報収集した値引き金額を、あっさり営業マンに言ってしまう人がいます。面倒な交渉をしたくないというお気持ちはわかるのですが、ちょっとそこは慎重に考えたいところです。

だいたいどんな車種でも、平均的な値引きの金額は、新車価格から10~15%前後と言われていて、300万円のクルマであれば、30万円から40万円が一般的な値引き額です。

そして、その希望した値引き額が「難しい金額」なら、一瞬で嫌悪感を持たれてしまいますし、その逆に「値引きできる金額」であれば、本来もっとあったはずの値引きが少なくなって、大損してしまうことにもなりかねません。

営業マンは値段交渉よりもしっかりとした商品説明をしたいので、面倒かもしれませんが、じっくりと商品説明を聞いてあげた後に値段交渉に入るようにしましょう。

同一クラスの車種と比較

例として、ホンダのフィットならトヨタでいえばヤリス。日産のセレナであればトヨタのノアやヴォクシーのように、必ずどのメーカーも同一クラスの車種が存在します。

「向こうのクルマもいいけど、こっちのクルマもいいね。自分はどっちでもいいんだけどなぁ…」

などということで、最後は

値引きで戦うしかなくなってしまう

ように仕向けていくのです。事実、営業マンはこうした話のやり取りのシミュレーションを勉強させられます。役者になって、うまくそこを突くようにすると、値引き額はグッとアップするのは間違いありません。

架空の人物の存在を匂わす

自分に決定権がないように演じるのも有効な手。

あと一歩の値引きを引き出すために、若い方や女性の方であれば親御さん、男性であれば奥様の存在を匂わせてみましょう。

「私はこの値段でもいいのですが、父(妻など)がもう少しなんとかならんかと言っています」

と、ヒトコト入れるだけで、最後のひと押しに役立ちますね。

下取りでチョロまかされるな

値引きをマックスまで引き上げることができたのなら、最後は下取り車両の値上げ交渉。

” 値引きと下取り合算でこれだけ… ”

の甘い言葉には騙されてはいけません。

  • 値引き額は値引き額として
  • 下取り額は下取り額として

きちんと算出してもらうことが大切です。

その上で提示された下取り額を、ディーラーだけでなく、他の買取店などと比較するようにしましょう。

せっかく頑張って値引き交渉しても、下取りをポイッとディーラーへ投げてしまうのはかなりの愚行です。

こんなデータがあります。

車種名 ディーラー価格 買取店価格

フィット

67万円 102万円

アルファード

245万円 290万円

プリウス

75万円 95万円

ハイエース

140万円 180万円

オデッセイ

70万円 82万円

ディーラーと買取店の査定額の差。

たいていの車種において、買取店の査定額が上回っているのがわかります。

それは、未だに減価償却方式で査定しているディーラーと、市場の需要によって査定額を決めている買取店の金額の違い。もちろん、稀にディーラーの方がいい値段をつけることもありますが、

事前に愛車の価格を調べておくと強い

ですよね。なので、まずはこちらで下取りするお車の価格を調べておくと良いでしょう。

引用:https://carservice.rakuten.co.jp/

もちろん「納得しなければ売る必要はない」ので、事前準備のつもりで入力してみましょう。

お客様の愛車の概算価格は…
780,000~880,000

こうしてわかるとかなり便利ですよね? この価格を見てからディーラーに下取金額のアップを迫る。するとディーラーも頑張らざるを得ませんよね。

結果的にこうなると嬉しくないですか?

\価値を調べてみるなら/
車の価値を調べてみる

アルファードタイプゴールドの人気グレードは?

ここではまず特別仕様であるタイプゴールドの特徴を、ベースグレードのSと比較して挙げていきます。タイプゴールドには、スマホと連携できるディスプレイオーディオや、自動で開閉できるパワーバックドア、家電が使用できる100Vコンセントなどの、あったら嬉しい装備が予め付いています。

外装ではヘッドライト、フロントグリル、アルミホイールといった印象を大きく左右する部分に、ブラックやゴールドを基調としたメッキ加工などが施されます。

更には内装も、シート素材のアップグレードや、メタルウッドのステアリング、天井を優しく照らすルーフヘッドライニングの追加など、豪華な仕上がりになっています。

それでいてSとの価格差は25万円ほどなので、非常にお得感があるグレードと言えます。
また、タイプゴールドにははガソリンエンジンモデルの2WDと4WD、そしてハイブリッドタイプと3つの選択肢が存在します。

比較的リセールが高いのはガソリンエンジンモデルなので、ここは維持費やリセールを考えて自分に合ったモデルを買うようにしましょう。

アルファードタイプゴールドの人気の色ってどの色?

タイプゴールドのカラーラインナップは全4色と限られています。

定番色で人気の高いホワイトパールクリスタルシャインとブラックの他に、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークとスパークリングブラックパールクリスタルシャインという、特別な白と黒が選べます。

この二つの特別なカラーは、通常のホワイトパールやブラックに比べて輝度が高く、鏡のような艶があるのが特徴です。

アルファードの持つラグジュアリーさや威厳をより高めてくれる色ですので、追加料金を払ってでも選んで損はないでしょう。
定番色ですので、どれを選んでもリセールは文句なしに高いですよ。

現在の納期はどれくらい?


現在の納期は2ヶ月ほど。

注文書にサインして契約が完了してから手もとに届くまで、それくらいの期間をみておく必要があります。

下取り車があるようであれば、その間は気をつけて乗らないと、傷が増えたり走行距離が増えると減額されてしまうことになりますね。

共通コンテンツ2

リセールはどれくらい期待ができる?


相場はその時々の状況によりけりなので、あくまで具体的な金額の明言は避けますが、アルファードタイプゴールドは人気の車種ということもあって、5年乗っても60%以上の価値はあると思われます。

もちろん、相場というものはその時々の状況によって変わります。また車の程度によっても変動するため確定するものではありませんが、人気のグレードや装備があればなおさら高値となり、購入しても間違いのない車であると言えるでしょう。

アルファードタイプゴールドのカタログ燃費と実燃費の差

カタログ値はパワートレインや駆動方式の違いにより、9.6km/l~14.8km/lとなっています。
WLTCモードという最新の燃費算出方式による数値なので、ここから大きく外れる心配は無いでしょう。

気になるアルファードオーナーたちの実燃費はというと、ガソリンエンジンモデルで8km/l前後、ハイブリッドモデルで11km/l前後となっています。

燃費性能だけを見ると、ライバル車の中ではオデッセイが他を圧倒している状況。
しかしながら、アルファードにはそれを補って余りある魅力が詰まった車です。特にタイプゴールドは特別感のあるモデルですので、アルファードを検討している方には一番におすすめしたいモデルです。

アルファードタイプゴールドの競合ライバル車種は

アルファードタイプゴールドの値引き交渉における競合車種はこちら。参考にしてください。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタのヴェルファイアは最上級ミニバンで、大型ボディーに3列シートが備わり、グレードによって最大定員7人と8人があります。

現行モデルは2015年に、30系として2代目となりました。

2500ccハイブリッドは4WD、ガソリンは2WDと4WDの、2500cc・3500ccがラインナップされています。使用用途によって様々なグレードから選択できるのが嬉しいところです。ファミリー層から、ハイヤーなどの法人車まで幅広く人気があります。

ヴェルファイアの値引き詳細はこちら

日産 エルグランド

エルグランドは日産が誇る高級ミニバンで、デビュー時のE50系が大ヒットしました。

現行のモデルは3代目(E52系)となり“ダイナミック&ラグジュアリー”のコンセプトのもと大幅な改良が加えられました。

日産最高級ミニバンプラットフォームの採用により、低重心とワイドプロモーションの両立とともに、エルグランド専用にチューニングされた吹け上がりのよいエンジンも魅力の一つです。

エルグランドの値引き詳細はこちら

ホンダ オデッセイ

ホンダの業績を回復させる起爆剤となって大ヒットした初代オデッセイ。

そこから数えて現在のモデルは5代目となります。 5代目は歴代より変わり、リアがジェスチャーコントロール・パワースライドドアに。

また、乗り口の地上高30㎝と後席の乗降性がかなり良くなりました。 そして、ほとんどの速度域を電気で駆動する次世代ハイブリッド「e:HEV」を搭載しさらなる進化を遂げました。

駆動方式は2L+2モーターハイブリッドがFFの7人乗り、8人乗り、2.4Lガソリンは7人乗りのFF、8人乗りのFF、4WDのラインナップとなっています。

オデッセイの値引き詳細はこちら

※文中の画像引用はトヨタWEBカタログから行いました