カローラフィールダーの値引き情報!人気のグレードや色は?実燃費までご紹介

カローラフィールダーはトヨタが製造販売する1.5Lワゴン。

現在カローラのワゴンタイプはカローラツーリングに統合されましたが、ビジネスユースを想定した「5ナンバーワゴン」の需要など、ニーズに合わせる形で旧型(フィールダー)が生き残る形となりました。

ラインナップは1.5L+モーターのハイブリッドと1.5Lガソリンで、後者では4WDモデルを選択することも可能となっています。

カローラフィールダーの新車値引き額はズバリ?

主にビジネスユースとして販売コストを抑えた車種なので、個人の商談で値引き交渉がどこまで出来るか疑問がわきますが、試してみる価値はありそうです。

値引き情報サイトでは車両本体の値引きが12万円。オプション込みで18~20万円値引きできた報告があるようですが、値引き総額15万円を超えたあたりが目標額となりそうです。

基本的に満足度からいってセールスマンは「カローラツーリング」や「カローラスポーツ」あたりを猛烈に推してくる可能性が高いですが、予算を鑑みて誘惑に勝てるかどうかがカギとなるでしょう。

カローラフィールダーの競合車種といえば

ホンダ・シャトルが候補として挙げられます。とは言ってもシャトルのベースグレードで180万円台なので、自家用で使う想定として考えられるフィールダーのEX 2WD・CVT181万円と大差ありません。

シャトルと比べ快適装備や質感が段違いですが、この微妙な価格帯を上手く値引きに繋げられるかがカギとなりそうです。

※競合車種の詳細は以下で追記しています。最後までご覧ください。

経営法人が変わるディーラーでの対決も

ライバル車が心許ない、また特に競合らしい競合がない場合には、違う法人のディーラー同士で競わせるのもあり。

トヨタなら全店で同じ車種を取り扱っているので、トヨタ店とネッツ店での比較、またカローラ店とトヨペット店など、同じ車種を違うディーラーで競合比較するのです。

また他のメーカーであれば、東京と埼玉など、隣県のディーラーで競合させたりするのも1つの有効な手段。違う法人同士での競合も、戦略として覚えておくといいでしょう。

そして値引きをうまく引き出すには、とにかく難しいことは考えなくて大丈夫。以下のポイントを注意して交渉するようにしましょう。

自分から値引き金額を言わない

せっかく情報収集した値引き金額を、あっさり営業マンに言ってしまう人がいます。面倒な交渉をしたくないというお気持ちはわかるのですが、ちょっとそこは慎重に考えたいところです。

だいたいどんな車種でも、平均的な値引きの金額は、新車価格から10~15%前後と言われていて、300万円のクルマであれば、30万円から40万円が一般的な値引き額です。

そして、その希望した値引き額が「難しい金額」なら、一瞬で嫌悪感を持たれてしまいますし、その逆に「値引きできる金額」であれば、本来もっとあったはずの値引きが少なくなって、大損してしまうことにもなりかねません。

営業マンは値段交渉よりもしっかりとした商品説明をしたいので、面倒かもしれませんが、じっくりと商品説明を聞いてあげた後に値段交渉に入るようにしましょう。

同一クラスの車種と比較

例として、ホンダのフィットならトヨタでいえばヤリス。日産のセレナであればトヨタのノアやヴォクシーのように、必ずどのメーカーも同一クラスの車種が存在します。

「向こうのクルマもいいけど、こっちのクルマもいいね。自分はどっちでもいいんだけどなぁ…」

などということで、最後は

値引きで戦うしかなくなってしまう

ように仕向けていくのです。事実、営業マンはこうした話のやり取りのシミュレーションを勉強させられます。役者になって、うまくそこを突くようにすると、値引き額はグッとアップするのは間違いありません。

架空の人物の存在を匂わす

自分に決定権がないように演じるのも有効な手。

あと一歩の値引きを引き出すために、若い方や女性の方であれば親御さん、男性であれば奥様の存在を匂わせてみましょう。

「私はこの値段でもいいのですが、父(妻など)がもう少しなんとかならんかと言っています」

と、ヒトコト入れるだけで、最後のひと押しに役立ちますね。

下取りでチョロまかされるな

値引きをマックスまで引き上げることができたのなら、最後は下取り車両の値上げ交渉。

” 値引きと下取り合算でこれだけ… ”

の甘い言葉には騙されてはいけません。

  • 値引き額は値引き額として
  • 下取り額は下取り額として

きちんと算出してもらうことが大切です。

その上で提示された下取り額を、ディーラーだけでなく、他の買取店などと比較するようにしましょう。

せっかく頑張って値引き交渉しても、下取りをポイッとディーラーへ投げてしまうのはかなりの愚行です。

こんなデータがあります。

車種名 ディーラー価格 買取店価格

フィット

67万円 102万円

アルファード

245万円 290万円

プリウス

75万円 95万円

ハイエース

140万円 180万円

オデッセイ

70万円 82万円

ディーラーと買取店の査定額の差。

たいていの車種において、買取店の査定額が上回っているのがわかります。

それは、未だに減価償却方式で査定しているディーラーと、市場の需要によって査定額を決めている買取店の金額の違い。もちろん、稀にディーラーの方がいい値段をつけることもありますが、

事前に愛車の価格を調べておくと強い

ですよね。なので、まずはこちらで下取りするお車の価格を調べておくと良いでしょう。

引用:https://carservice.rakuten.co.jp/

もちろん「納得しなければ売る必要はない」ので、事前準備のつもりで入力してみましょう。

お客様の愛車の概算価格は…
780,000~880,000

こうしてわかるとかなり便利ですよね? この価格を見てからディーラーに下取金額のアップを迫る。するとディーラーも頑張らざるを得ませんよね。

結果的にこうなると嬉しくないですか?

\価値を調べてみるなら/
車の価値を調べてみる

カローラフィールダーの人気グレードは?

カローラフィールダーはビジネスユースということもあり、グレードもシンプルに2種類となっています。

大きく分けてFFハイブリッドの「HYBRID EX 」ガソリンモデルの「EX 」となっており、ガソリンモデルだけFFと4WDが選択できます。また、EXのみATとMTを選ぶことができます。

個人で乗る場合は自家用で使用するための快適装備が必要最低限そろった「HYBRID EX 2WD」一択ということになります。

カローラフィールダーの人気の色は?

 

カローラフィールダーには選択出来るカラーが4色あります。

フィールダーのカラーラインナップは定番色ばかりですが、白(スーパーホワイトⅡ)を選ぶと商用車感が出てしまうので個人で使用する際には注意が必要です。

どれを選んでもリセールに影響はないと思われますが、白、黒、銀あたりが無難といえるでしょう。

現在の納期はどれくらい?

現在の納期は1~2ヶ月ほど。

注文書にサインして契約が完了してから手もとに届くまで、それくらいの期間をみておく必要があります。

下取り車があるようであれば、その間は気をつけて乗らないと、傷が増えたり走行距離が増えると減額されてしまうことになりますね。

2

リセールはどれくらい期待ができる?

相場はその時々の状況によりけりなので、あくまで具体的な金額の明言は避けますが、カローラフィールダーは5年乗って45%前後の価値はあると思われます。

もちろん、相場というものはその時々の状況によって変わります。また車の程度によっても変動するため確定するものではありませんが、人気のグレードや装備があればなおさら高値となり、購入しても間違いのない車であると言えるでしょう。

カローラフィールダーの燃費

カタログに記載されているカローラフィールダーの燃費ですが、WLTCモード燃費でハイブリッド車(FF)は27.8km/ℓ、ガソリン車(4WD)は15.6km/ℓとなっています。

排気量が1.5ℓでハイブリッド車がリッター当たり25Km以上という数値はさすがトヨタというところでしょう。ガソリンモデルにしても健闘しており、燃費性能はとても優秀といえます。

各種燃費検証サイトによれば実際には15.5~21.3km/ℓ程度ということなので、ハイブリッドの燃費に関しては、相当EV走行を意識した走りをしないとカタログ値に近づけないようです。

ただ、運転の仕方や道路状況によっても変わりますので参考程度にしておくと良いでしょう。

具体的なライバル車種は

上記でかんたんにしか説明できなかったライバル車を説明しておきます。気になる車種があれば、その先の値引き情報をご覧になりつつ、値引き額を比較してみましょう。

ホンダ シャトル

シャトルはホンダのコンパクトステーションワゴン。

初代モデルの登場は2011年。ホンダの大ヒットコンパクトカー「フィット」の派生モデルとして、フィットシャトルの名で誕生。

その後2015年に車名を「シャトル」に変更。独立モデルとしての販売が開始されました。
フィットの名称は削除されたものの、プラットフォームや基本的なデザインなどはフィットがベースになっています。

ガソリンエンジンモデルでは搭載されるエンジンに違いがありますが、ハイブリッドモデルのパワートレインはフィットと共通。

誕生以来、常に高い人気を誇ってきたフィットがベースになっているので、基本性能はお墨付き。そしてなんといってもシャトルには、クラス最大級の広い荷室が存在します。最大で1141Lという大容量の荷室に、ホンダらしい低床低重心構造も相まって、荷物の積み下ろしも無理のない姿勢で行えます。

さらにはシートアレンジも多彩なので、どんなシーンでも活躍してくれるでしょう。
また、上位グレードには車体の沈み量に応じて減衰力が変化する振幅感応型ダンパが採用されており、この結果積載量に左右されない、快適な乗り心地と、操縦安定性が確保されています。

2019年のマイナーチェンジでは、フロントフェイスや各ライト類の変更、メッキパーツの追加が施され、より上質で洗練されたデザインへと進化しました。

まさに基本性能と利便性を兼ね備えた、上質でコストパフォーマンスの高い1台と言えるでしょう。

シャトルの値引き詳細はこちら

※文中の画像引用はトヨタ公式サイトより行いました