アルトの値引き情報!人気のグレードや色は?実燃費までご紹介

スズキ・アルトは国内累計販売台数約500万台を数える、スズキが販売する軽自動車の中で最もベーシックな車種です。

8代目となる現行モデルでは、新開発プラットフォームHEARTECT(ハーテクト)が採用され、大幅な軽量化に成功、最軽量モデルで車重610kgを実現しました。また、課題だった足回りの構造も見直すことで運動性能も向上しています。

標準仕様及びバンは全車マイルドハイブリッドNAですが、直列3気筒インタークーラー付ターボを搭載するターボRS(2018年11月生産終了)と、スポーツ寄りにチューニングされたWorks(ワークス)があります。

アルトの新車値引き額はズバリ?

アルトの値引きは20万円を目標に。

車両本体の値引きは13万円が相場。オプションからの値引きを含めて15~20万円前後に到達すれば合格点といったとこでしょうか。

まだまだ地方ディーラーでは強気な姿勢が崩れていないようなので、他県遠征も視野に入れて見積もりを集めたいところです。

割安に買うなら、納期に注意しながら来年の年度末決算時期が有効です。

アルトの競合車種といえば

スズキ最大のライバルであるダイハツミライースを競合車としてぶつけていきましょう。

商談の終盤時にもう一声欲しい場合は、姉妹車のマツダキャロルを投入し最終段階に進みましょう。最終的に系列の違うスズキ同士の競合や、サブディーラーを含めた値引き合戦に持ち込めばこちらのペースです。

※競合車種の詳細は以下で追記しています。最後までご覧ください。

経営法人が変わるディーラーでの対決も

ライバル車が心許ない、また特に競合らしい競合がない場合には、違う法人のディーラー同士で競わせるのもあり。

トヨタなら全店で同じ車種を取り扱っているので、トヨタ店とネッツ店での比較、またカローラ店とトヨペット店など、同じ車種を違うディーラーで競合比較するのです。

また他のメーカーであれば、東京と埼玉など、隣県のディーラーで競合させたりするのも1つの有効な手段。違う法人同士での競合も、戦略として覚えておくといいでしょう。

そして値引きをうまく引き出すには、とにかく難しいことは考えなくて大丈夫。以下のポイントを注意して交渉するようにしましょう。

自分から値引き金額を言わない

せっかく情報収集した値引き金額を、あっさり営業マンに言ってしまう人がいます。面倒な交渉をしたくないというお気持ちはわかるのですが、ちょっとそこは慎重に考えたいところです。

だいたいどんな車種でも、平均的な値引きの金額は、新車価格から10~15%前後と言われていて、300万円のクルマであれば、30万円から40万円が一般的な値引き額です。

そして、その希望した値引き額が「難しい金額」なら、一瞬で嫌悪感を持たれてしまいますし、その逆に「値引きできる金額」であれば、本来もっとあったはずの値引きが少なくなって、大損してしまうことにもなりかねません。

営業マンは値段交渉よりもしっかりとした商品説明をしたいので、面倒かもしれませんが、じっくりと商品説明を聞いてあげた後に値段交渉に入るようにしましょう。

同一クラスの車種と比較

例として、ホンダのフィットならトヨタでいえばヤリス。日産のセレナであればトヨタのノアやヴォクシーのように、必ずどのメーカーも同一クラスの車種が存在します。

「向こうのクルマもいいけど、こっちのクルマもいいね。自分はどっちでもいいんだけどなぁ…」

などということで、最後は

値引きで戦うしかなくなってしまう

ように仕向けていくのです。事実、営業マンはこうした話のやり取りのシミュレーションを勉強させられます。役者になって、うまくそこを突くようにすると、値引き額はグッとアップするのは間違いありません。

架空の人物の存在を匂わす

自分に決定権がないように演じるのも有効な手。

あと一歩の値引きを引き出すために、若い方や女性の方であれば親御さん、男性であれば奥様の存在を匂わせてみましょう。

「私はこの値段でもいいのですが、父(妻など)がもう少しなんとかならんかと言っています」

と、ヒトコト入れるだけで、最後のひと押しに役立ちますね。

下取りでチョロまかされるな

値引きをマックスまで引き上げることができたのなら、最後は下取り車両の値上げ交渉。

” 値引きと下取り合算でこれだけ… ”

の甘い言葉には騙されてはいけません。

  • 値引き額は値引き額として
  • 下取り額は下取り額として

きちんと算出してもらうことが大切です。

その上で提示された下取り額を、ディーラーだけでなく、他の買取店などと比較するようにしましょう。

せっかく頑張って値引き交渉しても、下取りをポイッとディーラーへ投げてしまうのはかなりの愚行です。

こんなデータがあります。

車種名 ディーラー価格 買取店価格

フィット

67万円 102万円

アルファード

245万円 290万円

プリウス

75万円 95万円

ハイエース

140万円 180万円

オデッセイ

70万円 82万円

ディーラーと買取店の査定額の差。

たいていの車種において、買取店の査定額が上回っているのがわかります。

それは、未だに減価償却方式で査定しているディーラーと、市場の需要によって査定額を決めている買取店の金額の違い。もちろん、稀にディーラーの方がいい値段をつけることもありますが、

事前に愛車の価格を調べておくと強い

ですよね。なので、まずはこちらで下取りするお車の価格を調べておくと良いでしょう。

引用:https://carservice.rakuten.co.jp/

もちろん「納得しなければ売る必要はない」ので、事前準備のつもりで入力してみましょう。

お客様の愛車の概算価格は…
780,000~880,000

こうしてわかるとかなり便利ですよね? この価格を見てからディーラーに下取金額のアップを迫る。するとディーラーも頑張らざるを得ませんよね。

結果的にこうなると嬉しくないですか?

\価値を調べてみるなら/
車の価値を調べてみる

アルトの人気グレードは?

Worksを除くアルトのグレードは大きく分けて「F」「L」「S」の3種類で、ベースのFから順に装備が良くなります。

価格面、そして装備内容のバランスを考えると「L」の「スズキ セーフティ サポート」装着車がコストパフォーマンスも良く、おすすめといえるでしょう。

アルトの持ち味でもある軽量化を活かした低燃費を実現する「L」に、今後は必須ともいえる先進安全機能である「スズキ セーフティ サポート」を追加しても100万円以内(FF)に収まるのは非常にお得といえます。

アルトの人気の色は?

アルトには選択出来るカラーが8色あります。

第1位は定番の白(ピュアホワイトパール)2位はシルバー(シルキーシルバーメタリック)3位は(ブルーイッシュブラックパール3)となっています。

やはり無難な色に人気が集中していますが、女性ユーザーはアイボリーやブルー系を選ぶ方も少なくないようです。

好きな色に乗るのが一番ですが、リセールを考えると上位3色(特に白)を選ぶのが無難なようです。

現在の納期はどれくらい?

現在の納期は1~2ヶ月ほど。

注文書にサインして契約が完了してから手もとに届くまで、それくらいの期間をみておく必要があります。

下取り車があるようであれば、その間は気をつけて乗らないと、傷が増えたり走行距離が増えると減額されてしまうことになりますね。

2

リセールはどれくらい期待ができる?

相場はその時々の状況によりけりなので、あくまで具体的な金額の明言は避けますが、アルトは人気のある車種ですが、装備やグレードが低いほど値崩れが起きる傾向があるようです。

アルトは5年乗って40~45%前後の価値はあると思われます。

もちろん、相場というものはその時々の状況によって変わります。また車の程度によっても変動するため確定するものではありませんが、人気のグレードや装備があればなおさら高値となり、購入しても間違いのない車であると言えるでしょう。

アルトの燃費

カタログに記載されているアルトの燃費ですが、WLTCモード燃費で2WD車は25.8km/ℓ、4WD車は24.2km/ℓと、スズキのマイルドハイブリッド(エネチャージ)の恩恵か優秀な数値を誇ります。

各種燃費検証サイトによれば実際には23.4~24.7km/ℓ程度ということなので、概ねカタログ値範囲内といえます。

ただ、運転の仕方や道路状況によっても変わりますので参考程度にしておくと良いでしょう。

具体的なライバル車種は

上記でかんたんにしか説明できなかったライバル車を説明しておきます。気になる車種があれば、その先の値引き情報をご覧になりつつ、値引き額を比較してみましょう。

ダイハツ ミライース

ミライースはダイハツの軽自動車。

誰でも気軽に乗れる「第三のエコカー」というコンセプトのもと、2011年に初代ミライースは誕生しました。

そのコンセプト通り、数ある軽自動車の中でも最も低価格な車であり、なおかつトップクラスの低燃費を誇るモデルです。

2017年にはフルモデルチェンジが行われ、現行モデルは2代目。
新たにDモノコックという軽量高剛性ボディを採用し、衝突安全性や乗り心地、操縦安定性などの基本性能のブラッシュアップが図られました。

また上位グレードには予防安全装置のスマートアシストⅢが標準装備されるなど、先進の安全機能もしっかり備えています。

このようにミライースは普段の「アシ」として必要十分でありながら、初期投資や維持費を最低限に抑えられる、非常にコストパフォーマンスに優れた車であると言えます。

若者の車離れが叫ばれる昨今においても、このような選択肢は大いに受け入れられています。
法人などからの需要も高く、今後もその人気は継続していくことでしょう。

 

ミライースの値引き詳細はこちら

マツダ キャロル

 

 

→キャロルの値引き詳細はこちら

※文中の画像引用はスズキ公式サイトより行いました