CX-8の値引き目標額は?人気の色やグレードは?実燃費もご紹介

マツダのCX-8は人気のクロスオーバーSUV。7人または6人乗りモデルがあって、最上位SUVとして位置付けられています。

ガソリンとディーゼルがあり、それぞれ2WDと4WDから選択でき、さらにガソリンには自然吸気とターボエンジンから選べます。

CX-8の新車値引き額はどれくらい?

値引きは車両本体から30万円、オプションから10万円の合計40万円を目標にしたいところ。センターディスプレイ、BOSEサウンドシステム、ルーフレール、サンルーフがパックになった約30万円のオプションは最低限つけないと、目標の値引き額は引き出せないでしょう。

CX-8の競合車種といえば

競合車は同じSUVで7人乗りモデルがある、ホンダのCR-Vが挙げられます。

同じ3列シートを備えた、トヨタのアルファード、ヴェルファイアも競合車として入れるといいでしょう。同じような価格帯になるグレードで競合させ、値引き目標値まで頑張りたいところです。

経営法人が変わるディーラーでの対決も


ライバル車が心許ない、また特に競合らしい競合がない場合には、違う法人のディーラー同士で競わせるのもあり。

トヨタなら全店で同じ車種を取り扱っているので、トヨタ店とネッツ店での比較、またカローラ店とトヨペット店など、同じ車種を違うディーラーで競合比較するのです。

また他のメーカーであれば、東京と埼玉など、隣県のディーラーで競合させたりするのも1つの有効な手段。違う法人同士での競合も、戦略として覚えておくといいでしょう。

共通コンテンツ1

CX-8の人気グレードは?

ガソリン、ディーゼル共に人気グレードはPROACTIVEです。

運転支援システムのスマートブレーキサポート、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールやレーンキープアシストシステムが標準装備されるモデルです。

CX-8の人気の色ってどの色?

人気のカラーは、赤と白とグレー。

全て特別塗装色で、赤はマツダを象徴する深みのあるソウルレッドクリスタルメタリック(46V)。白はスノーフレークホワイトーパールマイカ(25D)。グレーはマシーングレープレミアムメタリック(46G)です。

他のチタニウムフラッシュマイカ(42S)やディープクリスタルブルーマイカ(42M)はあまり見かけない色味です。

現在の納期はどれくらい?


現在の納期は1~2ヶ月ほど。

注文書にサインして契約が完了してから手もとに届くまで、それくらいの期間をみておく必要があります。

下取り車があるようであれば、その間は気をつけて乗らないと、傷が増えたり走行距離が増えると減額されてしまうことになりますね。

共通コンテンツ2

リセールはどれくらい期待ができる?


相場はその時々の状況によりけりなので、あくまで具体的な金額の明言は避けますが、CX-8は5年乗っても50~55%以上の価値はあると思われます。

もちろん、相場というものはその時々の状況によって変わります。また車の程度によっても変動するため確定するものではありませんが、人気のグレードや装備があればなおさら高値となり、購入しても間違いのない車であると言えるでしょう。

CX-8のカタログ燃費と実燃費の差

カタログ上では、25Sの自然吸気エンジンが2WDで12.4km/l、4WDが12.2km/l。25Tのターボエンジンが2WDで12.0km/l、4WDが11.6km/lです。

ディーゼルは、2WDで15.8km/l、4WDで15.4km/lです。WLTCモードの結果なので市街地、郊外、高速を走った時も含まれています。

実際のところは街乗りで、2WD、4WD共に25Sが10km/l、25Tが8km/l、ディーゼルが14km/l前後という報告があります。運転の仕方や道路状況によっても変わりますので参考程度にしておくと良いでしょう。

CX-8の競合ライバル車種は

CX-8の値引き交渉における競合車種はこちら。参考にしてください。

※文中の画像引用はマツダWEBカタログから行いました